[雨生ヶ池] ブナ林に囲まれた「プチ秘境」(三条市・旧下田村)

雨生ヶ池(マゴイガイケ)は新潟県三条市(旧:下田村)にある、ブナの原生林に囲まれた神秘的な池です。

2015年9月5日、実家の家族(父・母・弟)+私&愛犬ルナという面々で遊びに行ってきましたのでご紹介します!

しかし…私も【厄年】42に差し掛かったせいか?昔はあれだけ好きだった「自分で運転してドライブ」も、カナ~~リ億劫に…orz

今回は父のクルマに乗せてもらって、道中は母が用意してくれたおやつまで頂きながら、愛犬ルナさんをナデナデしながらお気楽ドライブ!…自分で運転しないドライブって、楽でイイですねぇ~~!

おっと、脱線脱線…。

今回遊びに行った「雨生ヶ池」、当日は下調べもせず純粋に自然を満喫してきましたが…帰宅後にネットで調べると、実に浪漫溢れる場所だったことが判明!

子供の頃、よく「予習復習は大事!」と習いましたが、マサカ大人になってからも観光に関して、これほど「予習が大事!」とは露ほども思わなんだ。

事前に浪漫溢れる背景を知ってから観光したら、目に映る景色の1コマ1コマにドラマを感じたかも知れない…反省;今度からキチンと予習してから観光に臨もう!

目的地の雨生ヶ池に向かう途中、まずは「道の駅・漢学の里しただ」で休憩。

目的地の雨生ヶ池に向かう途中、まずは「道の駅・漢学の里しただ」で休憩。

実は今、三条市下田地区は激アツな観光スポットだったりする!?最近流行りの「ダムカードが貰えるバスツアー」に、この写真の「八十里越え体験バスツアー」。(大変失礼ですが)【何もない】ハズの下田地区ですが、持てる観光資源をフル活用していると思う。私が住んでいる加茂市よりも、ずっと努力家です!!すごい!

実は今、三条市下田地区は激アツな観光スポットだったりする!?最近流行りの「ダムカードが貰えるバスツアー」に、この写真の「八十里越え体験バスツアー」。(大変失礼ですが)【何もない】ハズの下田地区ですが、持てる観光資源をフル活用していると思う。私が住んでいる加茂市よりも、ずっと努力家です!!すごい!

道の駅で休憩後、雨生ヶ池を目指してどんどん狭い山道へ…うわっ!やっぱり自分で運転してこなくてヨカッタ~~……私は運転下手だから、蓋の無い側溝に脱輪してリタイアしてそう…;

雨生ヶ池への入り口となる吉ケ平に到着。ここには山荘と駐車場があるんですが、この山荘は元が小学校だったとのこと。校門の名残でしょうか?雰囲気のある遺構をパシャリ!

雨生ヶ池への入り口となる吉ケ平に到着。ここには山荘と駐車場があるんですが、この山荘は元が小学校だったとのこと。校門の名残でしょうか?雰囲気のある遺構をパシャリ!

雨生ヶ池目指して山道を歩くと、途中で風化しかかった墓地にさしかかりました。吉ケ平集落は、その昔源氏の落人(おちうど)が集落を構えた地だそうな…源氏の落人の末裔たちのお墓でしょうか?明治大正期の墓石を確認できました。

雨生ヶ池目指して山道を歩くと、途中で風化しかかった墓地にさしかかりました。吉ケ平集落は、その昔源氏の落人(おちうど)が集落を構えた地だそうな…源氏の落人の末裔たちのお墓でしょうか?明治大正期の墓石を確認できました。

可愛らしい、お地蔵さまでしょうか?現在は草生し人の営みの気配も消えた山野…でも、かつてここには確かに人々が生まれ、育ち、そして還っていった…感慨深いものがあります。

可愛らしい、お地蔵さまでしょうか?現在は草生し人の営みの気配も消えた山野…でも、かつてここには確かに人々が生まれ、育ち、そして還っていった…感慨深いものがあります。

荒々しい岩が顔をのぞかせ、人の都合に合わせず時に狭く険しい山道。

そんな自然に近い道を行くこと30分ちょっと…ようやく雨生ヶ池に至る。

父によると「前日雨が降ったから濁っていて残念だが、普段は群青色の美しい池」ということでした。この池には、浪漫溢れる伝説が残されています。

父によると「前日雨が降ったから濁っていて残念だが、普段は群青色の美しい池」ということでした。この池には、浪漫溢れる伝説が残されています。

ブナの原生林。白い幹と青々とした葉の織りなす見事なコントラスト…

ブナの原生林。白い幹と青々とした葉の織りなす見事なコントラスト…

…が、しかし!このような心無いラクガキが無数に行われている。木を傷つけて刻んだ【恥】は、何十年経っても消えないのです…先人の遺してくれた浪漫溢れる贈り物です。汚(けが)すまえに、自重心を持って欲しかった。

…が、しかし!このような心無いラクガキが無数に行われている。木を傷つけて刻んだ【恥】は、何十年経っても消えないのです…先人の遺してくれた浪漫溢れる贈り物です。汚(けが)すまえに、自重心を持って欲しかった。同じ加茂市民として、何とも恥ずかしい気持ちに…。

この地は、かつて河井継之助が会津の地を目指した「八十里越え」に近い。きっと、このような道を会津目指して進んだのでしょう。

この地は、かつて河井継之助が会津の地を目指した「八十里越え」に近い。きっと、このような道を会津目指して進んだのでしょう。

IMG_0208