「90日でブログアクセス20倍」、達成して判ったアクセスアップ法(3)

アクセスアップの足を引っ張るマイナス要素(2)

thumb-440352_1280
泥んこだらけ恥だらけになりながらも、ナントカ「90日でアクセス20倍」を達成した当サイト。

ここまでの道のりを振り返り、小さなサイトが確実にアクセスアップできる方法をご提案します。


高い理想より生まれた「おきてがみ」

mixiなどで見かける「あしあと」ログ。

自分のプロフィールページに「いつ」「だれが」訪問してくれたか?という疑問に応えてくれるツールで、私は最初にこの機能を知ったときに「なんて画期的なツールなんだろう!」と、チョット感動しました。

そんな、「あしあとログ」を一般のブログにもつけてしまおう!…という画期的なサービスが、「おきてがみ」です。

これは、自分のブログに専用のブログパーツを設置することで他の「おきてがみ」ユーザが訪問してきてくれて、お互いに「ことづて」という形でメッセージを残し合えるという素敵なツールです。

もちろん、「あしあとログ」としての基本機能はシッカリ持っていて、「自分のブログに、どんな人が訪問してくれたか」を一覧にまとめてくれて、モチロン訪問してくれた方のブログにお邪魔することもできます。

この「おきてがみ」を利用すれば、「無料ブログ」「独自ドメイン運用のWordpress」、はたまた「HTMLベースのホームページ」…プラットフォームを問わず、無料で簡単に「あしあとログ」機能を追加できる!!

これはスゴイと思って、このサイトも暫くこの「おきてがみ」のお世話になっていました。

私の場合、ブログ仲間を集めて共同で莫大なアクセスアップ効果を生み出すという邪念…もとい、企画があり、この「おきてがみ」を通じて仲良くできるブログ仲間と出会えれば…という思惑がありました。

しかし、本来は非常に素晴らしい理想の元で誕生したであろう「おきてがみ」も…現状の多くのユーザの使い方では真価を発揮できていません。みなさん、あまりに勿体ない!!

結果的に「おきてがみ」を利用し続けても不毛であることを悟り、私は「おきてがみ」の利用を辞めました。

謎の合言葉「応援ポチ」…何それ、おいしいの?

私はブログ仲間を求めて「おきてがみ」に登録しましたが、副産物として1日あたり20PV近くのアクセスアップ効果を得ることができました。

当時は立ち上げて1、2か月程度だったので、20PVでも貴重なアクセスアップ!…ということで、この思いがけない副産物にゴキゲンでした。

しかし、利用早々、「ことづて」というメッセージ機能を使って、次々とナゾのメッセージが届くようになります。

「応援ぽち。」「応援済です♪」「激励しました!」

…なんじゃ?そりゃ!?

現状の「おきてがみ」の正体…それは、「ランキングの相互クリック」だった!

謎のおまじない「応援ポチ」。

その正体は…直訳すると、

「お前さんのとこのランキングボタンを押したから、こっちのも押しなさいよ!!」

というもの…つまり、ランキングサイトに登録しているサイト同士がお互いにランキングボタンをクリックし合うための合言葉、それが「応援ポチ」だったんです!

完全に私の勉強不足でした…それは、申し訳なかったです。

しかし、そもそも私はランキングサイトに登録していないんですが…どこを「ポチって」もらえたんでしょうか!?この点はいまだに【謎です】。

時間は「限りある資源」…有効につかうべき!!

私は「投資した労力に見合うリターンがある」なら、ランキングの相互クリックも決して否定的な目で見るつもりはありません。

ですが…はたして現在、ブログランキングは有効なアクセスアップ施策といえるのでしょうか?

いわゆる「コメントまわり」も、効果的なアクセスアップ施策といえるのでしょうか?

…しかも、お互いコメント欄が「応援ポチ」で埋まっていて…これじゃあ「作られたアクセスです」と公言しているようなものじゃないでしょうか?

コメントまわりも、相互「応援ポチ」も、それぞれ毎日大変な労力を注がれていることと思います。

私はそうした勤勉さに欠けるので、お世辞抜きで本当に頭が下がる思いです。

ですが…大変失礼ですが、それで「どれだけのアクセスアップ効果」が得られるのでしょうか?

「おきてがみ」利用中にランキング上位のブログも幾つか拝見しましたが、Similarで調べると月間500PV~良くても数千PV程度のブログが殆どでした。

「ブログランキング1位獲得!」でも、SimilarWebでの先月のPVが500PV(=Similarでの最小値)…なんてことも。

でも、1位を獲得されるまでには膨大な時間を「コメントまわり」「応援ポチ」につぎ込まれたことでしょう。

その時間・労力を「ダイレクトに効果のあること」に注力すれば、より多くのリターンが得られた可能性もあります。

もちろん、ジャンルなどの条件によってはいまだにブログランキングが大変効果的なアクセスアップ施策となる場合もあるでしょう…ですが、所詮「ブログランキング」を見てアクセスしてくるのは「同業者」が殆どです!

例えば「犬ブログ」「猫ブログ」「趣味のブログ」ならそれもアリ(=お互いに同類の仲間のブログを見て楽しむので)なんですが、アフィリエイトを含めたビジネスブログの場合だと大抵はフレッシュな消費者たりえるビジター獲得が好ましい訳です。

「これは、本当に効果があるんだろうか?」時に冷静に疑うことも大事。

私も鵜呑みに信じてしまって間違えたことは多々ありますが、インターネット上に無料で公開されているアクセスアップ法が全て正しい保証など、どこにもありません。

また、確かに当時は効果的だった(=例えば「おきてがみ」Xブログランキングという手法も、確かにかつては効果的な方法だったのでしょう)としても、現在も同じく有効な方法たりえているかどうか?

誰だって、信じて努力してきたものを否定するには勇気が要ります。

だから、「否定したくない」「認めたくない」から、あえて盲目なフリをしてしまう。

とても恥ずかしいですが、私なんてそんなのの塊みたいなものです…orz

でも、「毎日多くの時間と労力を注いでいる」ことであればあるほど、時に冷静に疑ってみることが大切です。

「これは、本当に意味があるんだろうか?」
「ちゃんと結果がついてきているだろうか?」
「同じ時間を他の方法に使った方が、効果的ではないだろうか?」

折角の努力も、方向性が間違っていれば「成果」としてのリターンが得られません。

時に勇気をもって、冷静に疑ってみることが大切です。

私もまだまだ「間違った方向」「不毛な努力」が多いんだろうと思う。

でも、勇気をもって疑い、間違いに気づいたら軌道修正する……このプロセスが無ければ、この場所にさえ立てていなかったことでしょう。

(下記の記事に続きます)