「90日でブログアクセス20倍」、達成して判ったアクセスアップ法(最終回)

「90日でブログアクセス20倍」最もアクセスアップに貢献したこと、それは…

これまでに多くのブログサイトを立ち上げたものの、どれもこれも鳴かず飛ばず…過去の自己最高記録が月間1,000PV前後。そんな私が、ナントカ「90日でアクセス20倍」を達成した当サイト。

ここまでの道のりを振り返り、小さなサイトが確実にアクセスアップできる方法をご提案します。



「90日でアクセス20倍」達成に最も効果があった方法とは!?

まず最初に結論から。

「20倍」といっても、既に前回まででお話したとおり実際は月間1,000PV前後から月間20,000PVに増えただけです。

この「月間2万PV」という数字は、正直なところあんまり自慢できた数字ではありません。

でも、かつての私と同じように巷で噂されるさまざまなアクセスアップ法を片っ端から試してみたのに「月間1,000PVにも届かない」とお悩みなら…あなたも難しくて高度なテクニック一切不要で月間2万PV程度ならラクに達成できます!!

「90日でブログのアクセスが20倍」(月間1,000PVから月間20,000PVに増加)を達成することができた最も大きな要因…つまり、「アクセスアップにダイレクトに有効だった方法」。

それはずばり、これまでお話してきたとおりの内容です。

「前に進む」ために必要なこと。

それは第一に「進み続けること」、そして「前に進むために妨げとなるものは捨て去ること」…この、たった2つの事だけでした。

まず、ブログを書く習慣を作りました

まずは「書ける」「続けられる」「書くことが苦痛にならない」ようにブログのスタイルにはじまり生活習慣に至るまで【体質改善】を行い、無理なくブログを書く習慣を作ることです。

目的地に辿りつくための一番の方法をご存じですか?

それは「目的地に向かって、少しづつでも進み続けること」です。

ブログだって一緒です。「歩けば進む」という当たり前の事実を、まず知ることです。

次に、不要だと判断した取り組みを辞めました

お互いのコメント欄にあたりさわりの無い綺麗ごとだけを書き合い、お互いに「応援ポチ」というキーワードでコメントを締めくくってしまっていませんか?

相互コメントやランキング対策には大変多くの手間と時間を要求されますが、それに見合った満足できるアクセスアップ効果を得ることができていますか?

もしも自信を持って「Yes」と即答できるのであれば、どうぞ続けてください。

でも、少しでも「う~ん…どうなんだろう!?」と考えてしまうようでしたら、この機会にもう一度「メリット」(=有形無形の得られる効果)と「デメリット」(=それに要する時間と労力、ストレス)を天秤にかけて是否をジックリ考えてみてください。

誰だって、信じて続けてきたことを否定したり、変えることは非常に勇気が要ります。

でも、それが不要であると気付いたときに「勇気ある後退」「戦略的撤退」というカードを切れるかどうかで、時に成否に関して大きな影響を与えます。

とても勇気が要りましたが、私は次の全部を実行しました。

なぜなら、これらは大きな時間と労力を必要とし、また、大きなストレスを与える要因となり、モチベーションを下げ続けてしまう遠因を作っていたからです。

  1. 「おきてがみ」からの登録解除
  2. 「コメント欄」の廃止
  3. 「ランキング」からの撤退
  4. コメントまわりの習慣を廃止
  5. 「ことづて」「メールフォーム」経由での個別のお誘い(ブログ仲間募集のお誘い)

ただし、これらの幾つか、または全部に関して、適切な時期が来れば再開するかも知れません。

少なくとも「今はその時でない」「今は不要だ」と判断しました。

大切なのは「今、それが本当に必要か?」「不要な場合、そのコスト(時間・労力)を【今必要としていること】に注力する」ということです。

スタートアップ期のブログに必要なもの、それは…個人的には1にも2にも「記事を書くこと・増やすこと」だと確信しています。

私が「アクセスを稼ぐ」ために行った、たった2つのこと

ここまでお話してきた内容は、どちらかというと「プラスを阻害しているマイナス要素を埋める」といった、治療的な内容でした。

もちろん、私も人並みに「アクセスアップ」に対して関心は持っており、これまでに巷で噂されたアクセスアップ法も色々試してみました……まぁ、どれも3日坊主で結果が出るまで待てなかった、というのが実態ではありますが;

今回、私が「アクセスを稼ぐ」つまりアクセスアップのために行ったことは、次の2点のみでした。

できるだけ「1日1記事」をノルマとすること

土日祝日は除くとして、可能な限り平日は「1日1記事」のノルマを達成できるようコツコツと記事を投稿し続けました。

前出の内容とまるかぶりですが、それだけ「記事を書き続ける」「記事の総数を稼ぐ」ということは非常に重要なことだったのです。

くどいですが、「歩き続けなければ、目的地には決してたどり着けない」ということです。

「直帰率」が低くなるようなブログを心がけました

このサイトをSimilerで調べてみてください。

右側に表示されているBounce Rateという値が「直帰率」を示す値です。

私のサイトの値が優秀かどうかは、私には判断できかねます。

ですが、以前はこの値が90%オーバーでしたが、この記事を書いている時点では40.44%…「直帰率を意識するかどうか」によって、少なくともそれだけの差が生まれる、ということを知ってください。

「直帰率」とは、サーチエンジンやリンクをとおして折角記事にアクセスしてもらえたものの、結局「そのページ」1ページを見ただけでウインドウを閉じられてしまった…というビジターの割合を示すものです。

人気の高いキーワードで検索上位にヒットしたり、効果の高いトラフィックソースを持つサイトでしたら直帰率が高くてもアクセス数(PV)自体は稼げます。たとえば1万人のビジターがアクセスしてきたものの全員直帰したとしても、結果は「1万PV」となる訳です。

ところが、私のように人気のキーワードでヒットするような要素がゼロのブログでは、到底外部から沢山のビジターを誘導することができません。ですが、例えば1,000人のビジターに各々ブログ内を10ページ回遊して貰えれば「1,000(名) X 10(ページ) = 1万PV」となります。

これなら、入口は狭くとも数字上は1万人のビジターが訪れる人気のサイトとPV上は肩を並べることが可能。

では、どのようにして直帰率を下げるか?…ということですが、これは内部リンクを豊富に設けることで効果を期待できます。

例えばこの「90日でブログアクセス20倍」の記事など…今回を入れて「全四回」に、わざわざ区切って投稿しています。

また、次の記事も「シリーズもの」です。



こうした「シリーズもの」も、記事本文中に他の「シリーズ記事」への内部リンクを敷設することで、他のシリーズ記事への波及クリックを発生させています。

もちろん、ビジターの皆さんが全員波及クリックしてくださる訳ではありませんが、しかし一定割合で確実に波及リンクが発生しており、直帰率の低減につながっています。

シリーズ記事でなくとも、人気の高かった記事に対して「続編」のような記事を用意し、この「続編記事」への内部リンクを追加することで非常に高い確率で波及リンクを狙うことも可能です。

例えば下記の記事は「乙宝寺 血の池」というキーワードで沢山の方にアクセスいただきましたが、後日続編記事への内部リンクを追加したところ、実に6割の方に続編記事をクリックしていただきました。

「直帰率低下によって、数字上のPVは人気サイトに少しでも迫れることは判った。」
「でも、結局ビジターの数(UPV)は少ないから、意味ないじゃないか!!」

というご意見もあろうかと思います。

では、こんな角度で見てはどうでしょうか?
A.「1万人のビジターがアクセスしたものの、すぐにページを閉じてしまった」
B.「千人のビジターしかアクセスしなかったが、平均10ページ回遊してくれた」

どちらが、ブログ主であるあなたにとって好ましい読者アクション(広告クリックなど)を期待しやすいだろうか?

もしも現在アクセスが極端に伸び悩んでいるなら…むしろ大きなチャンスです!!

だって、現在の数字が低いなら、簡単にアクセス「10倍」「20倍」「50倍!」…と、ブログアクセスアップに関して大変インパクトの強いタイトルを堂々と使えるからです!

私は「おきてがみ」を通して、沢山のブログを拝見してきました。

しかし、その半数以上が月間500PV~1,000PV未満で伸び悩んでいます。奇しくも、ちょうどかつての私のブログたちと同じ規模です。

恐らく、月間500PVから1,000PV未満…「月間1,000PV」が、最初に出会い、超えるべき壁なのかも知れませんね。

もしもあなたが、この「最初の壁」を超えようと頑張っておられるなら、今回の一連の記事から必ず参考にしていただける部分があるはずです。

そして、私の記事が参考になろうとなるまいと…絶対にあなたのブログは次のランクにアップできます。

一番大切なこと、それは「諦めない」ことです。

陰ながらあなたのブログの益々のご発展を応援しています!!

もし気が向いたら、下記の記事も併せてご覧いただけると嬉しいです。