田中角栄そして中華宮殿、しばしば西遊記(西山ふるさと公苑)

柏崎市西山町(旧:西山町)は、山あいの静かな町です。

ここは元内閣総理大臣であり、今なお賛否功罪多くのエピソードを残す故田中角栄氏の生まれ故郷。

田中角栄氏といえば、私の世代ではダミ声で「まぁそのぉ~」とやる角栄氏のモノマネの記憶が印象深いです。

多くの方にとって田中角栄氏とは、「ロッキード事件」で逮捕されたことや、その後の「バラマキ行政」「金権政治」など悪しき慣習の芽を植えた張本人である…といったダーティーなイメージが強いかと思います。

ですが、私は「今太閤」「コンピュータつきブルドーザー」と称えられ、日本の成長に大きく貢献し、日中国交正常化など数多くの功績を遺した角栄氏を敬愛する「田中角栄・肯定派」です。

今まさに、時代が求めているのは「角栄氏の再来」を感じさせるような功罪併せ持つ強烈なカリスマ指導者だと思うんですが…どうでしょう?

そんな「角さんの故郷」西山町にある、道の駅「西山ふるさと公苑」を訪れました!

閑静な山あいの町に、突如出現する中華風の門!?

閑静な山あいの町に、突如出現する中華風の門!?

道の駅「西山ふるさと公苑」には西遊館・西遊園という大変立派な建物と庭園があります。

これは、故田中角栄氏が日中両国の国交正常化に尽力したことを記念するものだそうです。

一瞬、ここが日本じゃなくて中国に旅行しているような錯覚に陥ります!

一瞬、ここが日本じゃなくて中国に旅行しているような錯覚に陥ります!

まるで中国を舞台にした映画のワンシーンに迷い込んでしまったみたい!?一緒に来た妻と娘もワクワク!そして、愛犬ルナさんはお散歩に夢中;

まるで中国を舞台にした映画のワンシーンに迷い込んでしまったみたい!?一緒に来た妻と娘もワクワク!そして、愛犬ルナさんはお散歩に夢中;

「西遊」の名を冠するとおり、随所に西遊記にちなんだ意匠が!

こちらはお馴染みのマチャア…キ……じゃなかった、孫悟空ですね!

こちらはお馴染みのマチャア…キ……じゃなかった、孫悟空ですね!

こちらは西田敏…じゃなかった、猪八戒!!ちなみに、妻が「猪八戒が一番可愛らしい」と言っていましたが、こうして写真で見ると他の面々がややもすると「怖い」こともあって非常にプリチーに見えますね。

こちらは西田敏…じゃなかった、猪八戒!!ちなみに、妻が「猪八戒が一番可愛らしい」と言っていましたが、こうして写真で見ると他の面々がややもすると「怖い」こともあって非常にプリチーに見えますね。

え!?誰…このおじさん?ショウキさま!?正解は「沙悟浄」。

え!?誰…このおじさん?ショウキさま!?正解は「沙悟浄」。

こちらが「おっしょさん」こと三蔵法師ですナ!?うん、間違い無い!

こちらが「おっしょさん」こと三蔵法師ですナ!?うん、間違い無い!

IMG_0297

いかにも中国!といったカラーリング。

いかにも中国!といったカラーリング。

IMG_0306

宮殿風の建物は、実際に中に入ることもできます。

IMG_0311

しかしカラフルですねぇ~~!!いつも素朴な黒木組みの日本の寺社仏閣を見ていますが、カラフルな中華風建築物は滅多に見ないこともあって非常に新鮮に映りました。中国まで旅行に行くのは難しそうだけど、各地の中華街まで観光に出かけたくなってきました!

扉の取っ手も「とっても」凝っています!(…わかるかな?)龍を模していますね。

扉の取っ手も「とっても」凝っています!(…わかるかな?)龍を模していますね。

内部も中華テイストたっぷり!

内部も中華テイストたっぷり!

IMG_0315

娘はチョット怖がっていましたが、これは向こうの獅子舞ですね!?

娘はチョット怖がっていましたが、これは向こうの獅子舞ですね!?額のお花がチャーミングです。

IMG_0314

普段は決して見たり体験できないことだから「非・日常」。

非日常を体験して、とっても新鮮な気分を満喫できました!!

「同じことの繰り返し」では、発想も硬直してしまいます……私のように;

たまに「非日常」を体験するから、発想も活性化されるんですね!

はてさて、活性化されて何かオモシロイことでも考え付けばいいんですけど!?

【実はこのあと、こんなところに行ってきました!】