メンバーシップサービスで囲い込み、メルマガ読者・見込み客を自動獲得する方法

メンバーシップサービスでメルマガ読者・見込み客を自動獲得する

メンバーシップサービス、そして「スピッツM」とは?

「スピッツM+」は会員制サイト構築CGI(PHPスクリプト)「ポルタ4」、「ボルトゲートN1」、「ボルトゲート無料版」のいずれかと連動させることにより、当サイトにて提供中の下記のようなサービスを運用できるCGI(PHPスクリプト)です。

(参考)「LT無料CGI会員」

無料会員登録を行うことにより、ブログやホームページに設置できる「カウントダウンタイマー」や「1度しかアクセスできないページ」ギミックといった仕掛けを無料で利用できるようになる…というメンバーシップサービス。

この、「カウントダウンタイマーやワンタイムギミックの作成・運用」を担当しているシステム(CGI)が、このページでご提供しています「スピッツM」となります。

「ゲーム機とゲームソフト」に例えるならば、コアシステムとなる「ポルタ4」「ボルトゲート各種」が【ゲーム機本体】、サービスシステムとなる「スピッツM」が【ゲームソフト】となります。

ゲーム機とソフトを組み合わせることによりゲームがプレイできるように、「ポルタ4」等のコアシステムと「スピッツM」を連動させることにより、前出「LT無料CGI会員」のようなメンバーシップサービス運営が可能となります。

game-consoles-156464_1280

このページでは、この【ゲームソフト】に相当する「スピッツM」を無償でご提供しています。

「ボルトゲート無料版」と組み合わせることにより、無料でもメンバーシップサービスの構築&運営が実現できます。

(2016年1月6日追記)

諸般の事情により「スピッツM」の無償配布は終了させていただきました。

なぜ、9割強のメルマガは読者が集まらないのか?

SEO対策を施したブログによる大量集客。

こうして得た大量のビジターを「一見のとおりすがり」で終わらせずにメールマガジン(メルマガ)に登録させて囲い込むという手法は、依然としてポピュラーであり、機能させることができれば高い収益効果をもたらします。

これは商品やサービスの販売ビジネスだけに限らず、アフィリエイトにおいても同様であり、ビジネス/アフィリエイトの別を問わず多くのサイトの右カラムに「メールマガジン購読フォーム」の存在を確認できます。

しかしながら、サイトにメールマガジン購読フォームを設置してもナカナカ読者が集まらない…購読登録してもらえずに上手く機能できていないケースが大多数を占める…というのが現状です。

being-alone-513526_1920

なぜビジターがメールマガジン購読登録を見送るのか?

それは多くの場合、ビジターにとって「購読登録を行うだけの魅力的なメリット」が感じられない、希薄だと判断されてしまっていることに起因します。

そこで、「メールマガジン読者を獲得する」のではなく、「メンバーシップサービスの無料メンバーを獲得する」ことにシフトする。

ビジターの視点から見た場合、「売り込みがきついかも」「沢山メールが来たらどうしよう」というリスクを背負い込んでまで購読ボタンをクリックするのと、有益な機能を利用できる無料サービスに登録するのでは…明らかに後者の方が気軽で気楽です。

最初から「メールを送らせてください」とお願いするのではなく、「無料サービスを利用しませんか?」と提案し、結果として登録者にメールマガジンを送信する…という、従来とは異なるアプローチです。

さらに、運用設定次第では「集客」自体も自動で行ってくれる…それが、「スピッツM」がご提案するメンバーシップサービス型集客法です。

「スピッツM」で構築するメンバーシップサービスの作り方

メンバーシップサービス構築に必要な準備

「スピッツM」を使用してメンバーシップサービスを構築する際、次のような準備が必要となります。

レンタルサーバ

コアシステム(会員管理部分)を担当する「ポルタ4」や「ボルトゲート各種」、そしてサービスシステムである「スピッツⅯ」。

これらはサーバに設置して動作させるCGI(PHPスクリプト)であり、これらを設置して動作させるためのレンタルサーバ(もちろんレンタルでは無く自前サーバでもOK)が必要となります。

これらのCGI(PHPスクリプト)はMySQL等のリレーショナルデータベース不要で動作できますので超低価格帯のレンタルサーバでも動作できますが、PHP5.1以上がインストールされているサーバが必要です。

server-37258_1280

コアシステム

メンバーシップサービスの中核となる、会員管理部分を担当するCGI(PHPスクリプト)です。

「スピッツM」の動作には下記のいずれかが必要となりますが、「ポルタ系」と「ボルトゲート系」にはデータ構造の互換性が無く、いずれかの系統で運用開始後に別系統に乗り換える…といったことはできませんのでご注意ください。
(=例えば「ボルトゲート系」で運営を開始後、途中から「ポルタ4」にアップグレードすることはできません)

なお、「ポルタ系」は会員数1万人レベルでの実稼働に合わせて開発されたものとなり、「ボルトゲート系」は会員数が3,000名程度までを想定して開発されています。

「ポルタ系」は会員数が増加してもユーザ側処理が重くならず、「ボルトゲート系」は会員数に伴い処理が重くなり続けます。


無料でご利用いただけますが、随所に広告が挿入されます。
また、メンバー一覧生成機能ではメンバーのメールアドレスを取得できませんので、メールアドレス獲得用途(メールマガジン読者獲得)でのご利用には難があります。


基本機能はほぼ「ポルタ4」同等であり、かつ「ポルタ4」よりも低価格です。
しかし、3,000名以上の規模での運用はメンバー増加に伴い処理の鈍重化とデータ破損リスクが増加します。


基本機能はほぼ「ボルトゲートN1」に準じますが、会員規模によりメンバー側機能の速度が低下することは殆ど無く、データファイルの破損リスクも殆どありません。
また、ボルトゲートN1には無かった「指定日以降に新規登録したメンバーリスト」生成機能を持ちます。

無料でお試しいただく場合、「ボルトゲート無料版」が唯一のコアシステム候補となります。

サービスシステム

「ポルタ4」は、下記ボタンよりツイートしていただくことにより無料でダウンロード可能です。

不具合改修や機能追加などのアップデートはニュースレターにてお知らせしていますので、宜しければ「LT無料CGI会員」にご登録をお願いします。
(「LT無料CGI会員」にご登録いただきますと、週に1~2通程度ニュースレターをお届けしています)

※「LT無料CGI会員」ご登録は無料で、このページ右カラム上部「新規無料会員登録」リンクよりご登録いただけます。

「スピッツM」は無償でご提供していますが無保証となり、ご利用は自己責任でお願いします。
また、「スピッツM」を利用して構築・運営されているメンバーシップサービスにおいて発生したいかなる紛争にも開発・配布元であるルナテムジンは責任を負いません。以上をご理解いただき、同意いただける場合のみダウンロードを行ってください。


2016年1月6日、無償配布終了いたしました

これらが揃えば、構築の準備が完了です。

メンバーシップサービスの構築

準備したレンタルサーバに、次の順番で各CGI(PHPスクリプト)を設置します。

まず最初にコアシステムを設置

最初に「ポルタ4」「ボルトゲートN1」「ボルトゲート無料版」いずれか選択されたコアシステムをサーバに設置してください。

設置は

1.構成ファイルをFTP転送
2.パーミッション変更
3.初期設定画面(インストールプログラム)から初期設定

この3ステップで完了です。それぞれ付属の説明書を参考に設置を行ってください。

続いて「スピッツM」を設置

コアシステム設置後に「スピッツM」を設置します。

設置方法は「スピッツM」に同梱のテキストファイルをご覧ください。

ただし、こちらはインストールプログラムを完備しておらず、初期設定は設定ファイル(config.php)を直接編集する形になります。

余分な改行や ” や ; などの記号を誤って削除するだけで動作できなくなりますので、慎重に編集を行ってください。

コアシステム側の会員エリア用トップページを編集する

コアシステムとして設置した「ポルタ4」「ボルトゲートN1」「ボルトゲート無料版」には、それぞれメンバーがログインした際に最初にアクセスする「メンバー用トップページ」があります。

メンバー用トップページに表示する内容は、次のファイルを編集することで自由な内容にできます。

(ポルタ4の場合)
/pt/contents/index.html

(ボルトゲートN1、ボルトゲート無料版の場合)
/vltg/contents/index.html

これらの「メンバーエリアトップページ」に対して、連動した「スピッツM」へのリンクを追加します。

index.htmlファイルの任意箇所に下記のHTMLソースを追加してください。

【無料レンタルリンク】<br>
<b><a href=”http://※設置ドメイン/spzm/” target=”_blank”>※設定したサービス名</a></b>

上記のリンクを追加することで、ログインしたメンバーが「スピッツM」のサービスを利用できるようになります。

もしも上記で設定したメンバーサイトの表示が文字化けしてしまっている場合は、文字コードが原因です。

HTML側(先ほど編集したindex.html)の文字コードを UTF-8 に合わせることで文字化けを解消できます。
(または、HTMLのヘッダーで文字コードを指定することでも改善できます。この場合はShift-JIS等でもOKです)

以上で…

 1.メンバーシップサービスのサイトを構築する
 2.カウントダウンタイマー作成サービスを追加する
 3.ログインしたメンバーがサービスを利用できるようにする

メンバーシップサービスとして最低限必要な準備が全て整いました。

しかし、更に追加で設定を施すことにより、メンバーシップサイトに次のような機能を持たせることが可能です。

 1.メンバーシップサイトの新規メンバーを自動的に呼び込む
 2.既存のサイトや商品、サービス、アフィリエイトを宣伝する

それが、下記でご説明している「広告設定」です。

広告設定を施し、新規メンバーを自動で呼び込む

ここまででカウントダウンタイマー作成・運用サービスつきのメンバーシップサイトを構築することができました。

ここでは更に広告設定により「新規メンバーの自動獲得」「商品・サービス・アフィリエイトの広告を表示する」といった二次的効果を狙います。

「スピッツM」には、メンバー各自が作成し、それぞれのブログやホームページに設置するカウントダウンタイマーユニットに任意の広告を挿入することが可能です。

また、メンバー側の管理モード(=カウントダウンタイマーの作成や管理の画面)上下にそれぞれハードポイントが設けてあり、ここに各種広告や任意のメッセージ等を自由に追加することができます。

カウントダウンタイマーユニットに広告を挿入する

既に設置の際に目にされたかと思いますが、「スピッツM」では設定ファイル内(/spzm/dat/config.php)の設定に「カウントダウンタイマー下に表示する広告」という項目があります。

15103001

この設定項目にテキストリンクなどを設定することにより、メンバー各自が作成して各々のブログやホームページに設置するカウントダウンユニットの下にテキストリンク項目を挿入することが可能です。

15102801

ここにあなたのブログやホームページ、または今回構築したメンバーシップサービスへのテキストリンクを挿入することにより、メンバーが設置したカウントダウンタイマー経由で新たなビジターやメンバーを呼び込むことが可能となる訳です。

重要なことは、これはメンバー各自のブログやサイトにテキストリンクが表示される、ということです。

このメンバーシップサイトのメンバーが増加し、メンバーにより多くのカウントダウンユニットが設置されることに伴い、あなたのサイトへのリンクが増加します。

nicotine-855124_1920

ハードポイントに広告などを挿入する

もう一つの拡張要素として、「スピッツM」にはハードポイント機能があります。

これは、それぞれの箇所に表示したい内容を対応するファイルにHTMLで記述することにより、各所に自由に広告やメッセージなどを挿入できる…という拡張機能です。

WordPressの「ウィジェット」のような機能だとお考えいただければ、近いです。

「スピッツM」で利用可能なハードポイントは次の3カ所です。
(※「管理モードトップ下部」ハードポイントも存在するのですが、こちらは純正で開発元である当方の広告が挿入される仕様となっております。何卒ご理解をお願いします。後日、この「管理モードトップ下部」ハードポイントが解放され、更に機能を追加した上位版をリリース予定です。)

1.メンバー側「スピッツM」管理モードトップ画面の上部

下記のファイルに表示したいHTMLを記述することで、「スピッツM」メンバー側管理モードのトップページに任意の内容を表示できます。

対象ファイル: /spzm/dat/hp_top_upper.dat

15103002

2.メンバー側管理モード各画面上部

こちらは管理モードトップ以外の、その他のページ全ての上部に挿入される内容を設定します。

対象ファイル: /spzm/dat/hp_upper.dat

3.メンバー側管理モード各画面下部

こちらは管理モードトップ以外の、その他のページ全ての下部に挿入される内容を設定します。

対象ファイル: /spzm/dat/hp_down.dat

なお、各ハードポイントが文字化けを起こしてしまう場合も、原因は文字コードです。

ハードポイントファイル(hp_***.dat)の文字コードを UTF-8 で揃えれば文字化けは解消されます。

ハードポイントの可能性は無限大

各ハードポイントにはメッセージから広告、果ては動画まで…HTML形式で記述できれば、およそ「何でも」挿入可能です。

例えば 忍者admax の広告も掲載可能(運営さま確認済)

忍者admaxはPV(表示された回数)に応じて広告料を獲得できるタイプの広告なので、メンバーが増加してどんどん管理モードにログインしてカウントダウンタイマーを活用してもらうことにより、得られる期待収入も高くなります。

難点をあげるとすれば、どうしてもアドセンスよりも広告料が低くなってしまうことでしょうか…。

忍者admaxの広告コードを各ハードポイントファイル(hp_***.dat)にコピー&ペーストすることで広告を表示させることができます。

15103003

忍者admaxとは異なり、自前で広告配信を行うことも可能です。

ルナテムジン「ADステッカー」は、あなた自身が表示したい各種広告(アフィリエイト側の規約で許可されていれば、アフィリエイト広告も登録可能)をランダムに表示してくれます。

また、クレジットカード決済連動(ペイパル)広告枠(ランダム広告)を全自動販売することも可能です。

15103004

その他、ブログなどから取得したRSS情報を読み込ませたり、メンバーに周知したいメッセージを表示させたり…可能性は無限大。

是非、ハードポイントを有効に活用してください。

このように多くの可能性を秘めた「スピッツM」。

是非、有効にご活用いただければ幸いです。

もし宜しければ、これを機に末永くお付き合いいただけると嬉しいです。

このページの上部、右カラムには「LT無料CGI会員」の新規会員登録リンクがあります。

(または こちら からも新規会員登録可能です)

「LT無料CGI会員」は入会金も会費も一切いただいておらず無料、ただ週に1~2通のニュースレターをお届けするのみです。

ニュースレターに関して、私はアフィリエイトを生業としている訳ではありませんので、各種セミナーや情報商材のアフィリエイトリンクも掲載予定はありません。

この「スピッツM」に関する情報をはじめとして、今後リリースされる「メンバーサービス用CGI」シリーズのアナウンスもニュースレターでご案内させていただきます。

もちろん強制ではありませんが、宜しければご縁いただければ幸いです。

また、ご要望やご感想など こちら よりお聞かせいただけると大変嬉しいです!

【「スピッツM」の拡張キット、出ました】

「スピッツM」のネック、「ユーザ側管理画面トップ下部に挿入されてしまう広告」を自由に書き換えできるようになり、さらに「個々のビジターごとに個別にカウントダウン」可能となる「ユニークカウントユニット」運用機能を追加できる拡張キット、「スピッツM+」もございます。