[新潟ダムカードの旅(仮)] 加治川治水ダム(新潟県新発田市)

ダム…それは巨大な水瓶の蓋…。

広域に渡る住民を潤すための、水源としてのダムもあれば、電力を生むために昼間は放流・夜間は揚水をひたすら繰り返すダムもまた…ある。

しかし…今回ご紹介する「加治川治水ダム」は、ある意味どのダムよりも重いものを背負っているのです!

そう、このダムの使命は、そのものズバリ【下流の住民を洪水から守る!!】

まさに文字どおり「治水」…【人々を守る】ために建造されたダム…それはあたかも、襲い来る強大な巨人から人間を守る、まさにあの【某人気漫画】に出てくる壁そのものではないですかッ!?

見よ!これが巨…じゃなかった、恐るべき水害から下流の住民の生命と財産を守る【母なる壁】なのだ!! ……ちなみに、当然ですが中に巨人とか入ってません。

見よ!これが巨…じゃなかった、恐るべき水害から下流の住民の生命と財産を守る【母なる壁】なのだ!! ……ちなみに、当然ですが中に巨人とか入ってません。

実は今回、妻と娘が長男の学園祭を見物に出かけて行ったので、私と愛犬ルナさんで私の実家に遊びに行っていました。

そしたら父・母・私の実弟さん +私&ルナさんの「4人と一匹」で紅葉を見に行こう!…という話になり、父のクルマに乗せてもらって、実家から約1時間弱の加治川治水ダムにやってきました。

元々の私の家族勢ぞろい+愛犬ルナさんという構成でのお出かけは、以前にも三条市(旧:下田村)の雨生ケ池に行ってきました。

いやぁ~、いつも「一家のアッシー君」をやっている身としては、運転しないでドライブできるのは非常にラクチンであります!

往復の運転をイヤな顔ひとつせずに担当してくれた実弟さんには、大感謝です!!

ありがとうございました m(__)m

そもそも紅葉を見に行った訳ですが、見事に紅葉が綺麗でした!

…が、最近はこういう大事な時に限って…愛用のコンデジを家に置いてきてしまいます…orz

仕方が無いのでカメラ機能が貧弱な旧いスマホのカメラで撮影です;

手ブレ+ピンボケX貧弱なカメラ……あわわゎゎ…折角の見事な景色も、十分お伝えできないです…orz

手ブレ+ピンボケX貧弱なカメラ……あわわゎゎ…折角の見事な景色も、十分お伝えできないです…orz

紅葉の見事さもさることながら、やはりこのダムのスゴイところは「下流の住民を洪水から守るため【だけ】に建造された」ということです!!

実は冒頭で出てきたダムの写真…

見よ!これが巨…じゃなかった、恐るべき水害から下流の住民の生命と財産を守る【母なる壁】なのだ!! ……ちなみに、当然ですが中に巨人とか入ってません。

見よ!これが巨…じゃなかった、恐るべき水害から下流の住民の生命と財産を守る【母なる壁】なのだ!! ……ちなみに、当然ですが中に巨人とか入ってません。

これ、ダムの内側(水瓶側)にあるんです。

……ということは!?

……

…………なんとっ!?

そう!水位が上がると、完全に水に没してしまう公園なのです!!

そんなところに普通、公園作りますか!?…なんとスゴイ思い切りでしょうか!!

私は貧乏性なので、なんだか勿体ない気がしました。

水位が上がれば水没する公園ですので、宿命として「水位が上がったら、即避難してください」という趣旨の看板がありました。

殆どワカラナイですが、ピノキオっぽい男の子が、笑顔で「水位が上がったら、こっちに逃げるんだ!」みたいなことを警告している看板です。

殆どワカラナイですが、ピノキオっぽい男の子が、笑顔で「水位が上がったら、こっちに逃げるんだ!」みたいなことを警告している看板です。

……いや、だったらそもそもココを公園にするの止めませんか!?

と、思わず心の中でツッコミを入れてしまいました;

とにかく、いまどき「洪水から守るために存在するダム」が実在することに軽くショックを覚えました。

……なんか、カッコイイですよね!

残念ながら写真に残せませんでしたが、道中かなり興味深いモノで溢れていました!!

「炭鉱のトロッコが走ったであろう、レトロチックなトンネルをくぐる」
「イイ具合に赤さびた、使われなくなって久しい鉄橋」
「間近に迫る山々の、岩肌と紅葉の見事なコントラスト」

新潟県内にお住まいの皆さんは、一見の価値アリです!!

あ、因みにタイトルは「ダムカードの旅」ですが……今回は実家の家族との団体行動だったので、ダムカードもらえる場所を探さずに直帰しました…。

よって、今回はダムカード無しです;

ちゃんとダムカードはあるようなので、訪れた際は是非!ダムカードをゲットしてきてくださいね。

いやぁ、とても楽しかったです!

紅葉や雄大な山景色、ダム以外にもイイもの(レトロなもの)沢山見れましたので、大満足!!