仮説的結論:「ソフト404」は、ページの表示が遅くても発生するようだ

先日、私のサイトにて「ページが存在するのにGoogleでソフト404エラーと見なされてしまう」ページが大量に発生した…というお話を書かせていただきました。これは最終的にサイトのアクセス激減につながりますので、とても困った状態です。

因みに「ソフト404エラー」とは次のような状態です。

その後、お陰さまで「ちゃんんとページが存在するのにGoogleでソフト404エラーと見なされてしまう」という現象は改善され、「ソフト404」は殆ど発生しなくなりました。

そこで、今回様々な方法を試しましたが、その中でも改善に関して確実に効果があったものをご紹介します。

同じような現象でお困りの場合、少しでも参考になれば嬉しいです。

仮説的結論:「ソフト404」は、ページの表示が遅くても発生するようだ!?

結論…ただし、私はGoogleやSEOを研究している専門家ではありませんので、あくまで「仮説的結論」とさせてください。 結果的にページの表示速度を早くした結果、「ソフト404」はほぼ発生しなくなりました。

このことから、「ソフト404」はページの表示が遅くても発生するということがいえそうです。

つまり、ページの表示が遅いことはSEO的に見て非常に不利になった、ということがいえるかと思います。

廉いレンタルサーバは特に要注意!アクセス激減のリスクが?

私の場合、お恥ずかしいことなんですが廉いが故に共用ユーザがひしめきあい、結果的に動作が遅くなってしまっているレンタルサーバにサイトを構えていたことが原因の根底にあります。

同じサーバに沢山のユーザのサイトが入っているため、そのサーバには大量のサイトのアクセスが集中してしまいます。結果的にサーバ側の処理が重くなり、サイトの表示に時間がかかるようになってしまう訳ですね。

このため、

「サーバからは通常のHTTPコード(200)が返されるものの、(あまりに表示に時間がかかるので)実際には存在しないページらしい」

という判断となり、Googleから「ソフト404」エラーと見なされてインデックス削除扱いとなる。

こうしてインデックス削除されてしまうページが大量に出てくれば、当然ですがGoogle(およびエンジンを共有するYahoo!)経由のビジターが激減するため、短時間で壊滅的なアクセス減少を招くこともあり得ます。

廉いレンタルサーバでも「自分だけ」表示速度を改善することはできる!

こう書くと、なんだか「他のユーザを犠牲にして自分だけ恩恵を受ける」ような悪いイメージがありますが、決してそうではありませんのでご安心を。

WordPressに限定した話になりますが、

  1. キャッシュ系プラグインを導入する
  2. CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)を利用する

これだけで劇的にページ表示速度の改善を図ることができます。

これらの導入や設定に関しては、下記の記事を参考とさせていただきました。
(というか、下記の記事をご覧いただければ同じことが実現できます)

遅いレンタルサーバでも、表示さえ早ければ「ソフト404」にならない

こうして表示速度の改善を行えば、廉くて遅いレンタルサーバでも「ソフト404」に起因するアクセス激減を改善・予防できると考えられます。

私の場合、先ほどの「キャッシュ系プラグイン導入」+「CDN導入」によって

「スコア58」だったPageSpeed Insightsも「スコア82」まで改善

でき、結果として廉くて遅いレンタルサーバでありながらページ表示速度を飛躍的に改善することができました。

突然アクセスが激減したら、「ソフト404」を探して!

突然アクセスが激減してしまう原因は様々。 しかし、ひょっとするとそのアクセス激減の背景には「ソフト404」があるかも知れない。

2016年1月10日には「ファントム4」、2016年1月17日には「ファントム5」。

2016年1月、Googleは2つのクオリティ・アップデートを連続で実施したとされています。

この「ファントム4」「ファントム5」の中には

  • 「ソフト404」のピックアップメソッド変更(表示が遅いものも対象に)
  • 「ソフト404」のページをインデックスから削除

などの新たな品質保持プログラムが含まれている可能性があります。

当然、Googleインデックスからページが削除されれば、そのページにはGoogleおよびYahoo!からのアクセス流入が見込めないこととなり、アクセスは激減する。

「おかしいな、突然アクセスが激減してしまった…」

そんな時は、Googleウエブマスターツールから「クロールエラー」の項目を確認して欲しい。 もしもそこに大量の「ソフト404」エラーが認められた場合、このページでご紹介したような【ページ表示速度を改善する】ことにより改善とアクセスの回復が期待できる可能性が極めて高いのです。