既存の記事やページを活用して無料でリストを自動構築し続ける方法

リスト構築とは?

リストを持つ者、ビジネスを制する!

およそどんな商売でも「お客さん」が居なければ商売が成り立ちません。

どんなに素晴らしい商品やサービスを取り扱っていても、それらをお金を出して買ってくれるお客さんが居なければ売上が発生せず商売が回りません。

逆に、豊富でなくとも最低限の商品を取扱っていて、質の高い「買ってくれそうな人の名簿」を持っていれば…これは、かなりの売上が期待できる!!

この「買ってくれそうな人の名簿」こそ、ここでいう「リスト」。

正確には「見込み客リスト」です。

商売の成否は「リスト」で決まる…だからみんな「リスト」が欲しい!

有効な「リスト」を持っているかいないかで商売の成否が決まる…といっても過言ではありません。

だから…詐欺犯罪者には「詐欺被害者のリスト」、学習塾や家庭教師には「子供の学校の連絡網リスト」、メモリアルビジネスには「新聞のお悔やみ欄・うぶごえ欄」…などなど、およそあらゆる名簿「リスト」がビジネス的に大きな価値を持つ訳です。

みんな、「リスト」が欲しいのです!!

だからリストを「買う」

ビジネスを行っている以上、殆どの方が「リストを買う」という行為を行っています。

そう…私もあなたも例外無く、まず1度は「リストを買う」という行為を行っているはずだ!

「失敬な!お金で個人情報を買ったことなど、ない!!」

とお叱りの声が聞こえてきそうですが、「リストを買う」というのは、何も実際に「個人情報が詰まった名簿を買ってくる」行為だけに限定されません。

  • オークションサイトに出品する
  • ASPに出店する
  • ショッピングモールに出店する
  • 特典を用意してメルマガに登録させる
  • 各種広告サービスを利用する

これらも「新しいお客が欲しい=リストが欲しい」から、お金を出して利用しているサービスではないでしょうか?

…つまり、言い方がチョット意地悪いですが、これも間接的に「リストをお金で買っている」ことになる!

もちろん、こうしたことが「悪」といいたい訳ではありません。

これらは至って健全な営業活動です。

私が言いたいのは「リストを得るには手間とお金がかかる!」ということです。

  • オークションサイトに出品する
  • ASPに出店する
  • ショッピングモールに出店する
  • 特典を用意してメルマガに登録させる
  • 各種広告サービスを利用する

どれも多少に関わらず都度お金がかかり、もちろん諸々の準備に何時間もの労力がかかってしまう…。

ああ!「リスト」とは…なんと高価なんだろうか!!

…これ、無料でなんとか手に入らないかなぁ…!?

リストも自前で構築すれば、お金はかからない!

なんとか無料で、殆ど労力をかけずにリストを作れないか?

じゃあ、こうしたらどうだろうか!?

例えばあなたは既に日間100UPVほどのブログを運営していたと仮定します。

image

どうだろう!?

自分で運営しているブログですから、当然広告料や利用料といったコストは一切発生しない!

ブログの中でも人気のある記事なので、サーチエンジンからの流入などで常に新鮮なビジターがやってくる!

これで、「続編記事を1本書く」という最小限の労力だけで…高い関心を持ったビジターがどんどん「リスト」収載され続ける仕組みが完成します!!

問題は(3)の「無料登録しないと閲覧不可にする」という部分ではあるんですが……!?

「登録しないと閲覧不可」ギミックを無料で実現する方法

もちろん!このブログでは

「肝の部分も無料で実現できる!」

ことがお約束!

この

「登録しないと閲覧不可」

というギミック…これも、ルナテムジン製無料システムで解決できます!

それが…

「ボルトエイト無料版」は、完全無料でお使いいただける無料システム。

これを使うだけで…

 1.特定のページや記事のみアクセス制限
   登録したユーザのみ閲覧可能にできる!

 2.登録ユーザのリストを自動生成

 3.リストはいつでもCSV形式でDL可能

…といった処理を簡単に自動化できます!

「特定の記事・ページのアクセス制限」は、対象となる記事やページのHTMLに数行のソースを追加するだけでOKです。

リスト構築・新規顧客獲得のために多大な時間・労力やお金を必要としない、大変エコ(=エコノミー)な方法です。

種をまいておく(仕掛けておく)だけで全自動で継時的にリストを構築し続けますので、早く準備すればそれだけ早く結果(リスト)を手にできます!

わくわくしながら、トライなさってみてください!

楽しみですね!

コメント

  1. […] 【3位】既存の記事やページを活用して無料でリストを自動構築し続ける方法 […]