「実績はゼロから地道に築くもの」では、無い!!!

インターネット上のビジネスに限らず、およそどんなビジネスでも共通していえることですが…「稼げる人」と「稼げない人」を隔てる最大の壁が存在する。

私のように凡庸で商才の無い男でも、さすがに10年以上商売を続けていると初対面でも「稼げる人」「稼げない人」がだいたいわかるようになってくる…なぜなら、両者には決定的な【壁】【へだたり】があるから。

勿体ぶらずに最初から結論を述べてしまいましょう。

それは【実績】です。

以下、今回は真面目な方は読まないでほしい。

不愉快な内容になってしまうと思う。

これを読んで、私を毛嫌いする人も出てくるだろう…それでも私は、正直に書く。

これが、誰も書かない真実のうちの一つであり、「これを知って救われる」かも知れない未来の友が一人でも、二人でも居るかもしれませんので。

「実績は作っていくもの」では、無い!

生真面目な起業者には「勢い」が足りないことが多い

特に私と同世代(昭和40年代後半~50年代前半くらい)の方には、非常に生真面目な方が多いと…私は感じています。

恐らく長男長女の比率が高く、まだ豊かな時代に育っているから親も十分に子育てに注力でき、「あれは駄目」「これをしてはいけない」…と事細かに注意されながら育った方が多いのではないだろうか?

自分で言うとアヤシサ満点だけど、私自身も十分…無駄に生真面目な面があると思う。

そんな生真面目な性格が災いしてなのか?

かつては私自身がそうであり、その後多くの「似たような、生真面目な起業者」たちのスタートを目にしてきたけれど…多くの起業者は非常に地味な印象のスタートだった。
(※もちろん、派手に華々しいスタートを切る人たちが「真面目でない」「不真面目である」という訳ではなく、傾向としてのお話です)

綺麗なWEBサイトを準備し、真面目さは伝わって来るんだけど…決定的に【勢い】が足りないのだ。

ネット上の小売ビジネスは集客・価格・利便性(決済や配送料など)で殆ど勝負が決まるので必ずしもその限りではないんだけど、特に差が出るのが「WEBサイト制作」などの各種サービス提供型ビジネス。

  • ここに頼めば満足できそう!
  • ここなら間違いない!
  • 他よりも凄そう!

サービス提供型のビジネスや、規格品では無いオリジナルの商品を取り扱ったビジネスの場合、こうした【顧客側の期待度】をいかに引き出すかが大きなポイントとなる。

この「期待度」こそが、勢いにつながります。

「実績」は地道に築き上げていくもの?

もしもあなたが将来的に起業を考えていて、

「実績」は起業後に地道に築き上げていくものである

と考えているのであれば、ちょっと立ち止まって考えてみて欲しい。

なぜならば、私も含め、過去に同じ考えで起業して伸び悩みに苦しみ続けた起業者たちは枚挙に暇がないのです。

極論になってしまうが、

そもそも実績が無いなら、起業しないほうがいい!

例えばあなたは、これからマイホームを建てるとします。

あなたはマイホームを建てるために…長年一生懸命働き、欲しいものを我慢して貯金を続けて晴れてこの瞬間にたどり着きました。

さあ、まずはハウスメーカーを選ばなければ!

…しかし、さまざまな制約で大手ハウスメーカーは選択できず、結局どれも開業したばかりのハウスメーカーからしか選択できなず…しかも、実はどのハウスメーカーも「まだ1件も受注したことが無い」ペーペーの新米です!!
(※この、どこも「まだ1件も受注したことが無い」事実を、あなたは知らないと仮定します)

あなたは、どのハウスメーカーなら安心と期待を込めて夢を託せるだろうか?

1.「誠実ハウス」
初めてですが、誠実に努力します!
正直言って、まだ1棟も受注したことがありませんが「誠実」をモットーに努力いたします!
(WEB内容:「会社概要」「社長ご挨拶」「お問い合わせフォーム」など)
実績は全く確認できず

2.「安心ハウス」
実績ある優秀なスタッフが、安心をお約束します!
大手ハウスメーカー出身の設計士&スタッフが、あなたの夢のマイホームを形にします!
(WEB内容:「顔写真つきスタッフプロフ」「スタッフ持ち回りブログ」など)
実績は全く確認できないが、各スタッフの実績と優秀さは理解できる

3.「勢いハウス」
昨年度実績1,500棟の実績!価格と安心をお約束!
豊富な実績に裏付けられた、確かな安心をロープライスでお届けします!
(WEB内容:「(遠い地域の)豊富な実績写真&お客さまの声」など)豊富な実績を前面に押し出してアピール

恐らくあなたは2番の「安心ハウス」または3番の「勢いハウス」を選択するのではないだろうか?

10人の人がこのページを見たとして、1番の「誠実ハウス」を選ぶ人は1人いるかどうか…。

これが、現実です。

そして、3番の「勢いハウス」は「実際に存在する実例」でもあります。

どうでしょう?

こうやって見れば「1番を選ぶ人がいる訳ないだろ!」と思うことができても、実際に起業した場合…逆に1番の「誠実ハウス」になってしまってはいないだろうか?

いや、「誠実ハウス」になってしまっている例が、あまりに多すぎるんです。

原因は、色々ある。

まず、そもそも(過去の私への自戒を込めて…;)経験も実績もゼロなのに、

  • 今の職場に居たくないから
  • 食べていくのに仕方がないから
  • 儲かりそうだから

そんな安易な理由で起業してはいけない!!!

私の立場上、無責任に「どんどん起業して、どんどんウチのシステムを買ってねぇ~!!」といえば良いのかも知れない。

実際、多くの同業者が「知ってて」そのようなことをやっている。
(※こんなことをぬかしている時点で、私も「生真面目なだけで根性の無い起業者」なのがバレバレですナ…)

だが、プロとしての自負も責任感も持たずに…かといって後述する「根性」も無く安易に起業しても、まず確実に資本を食い潰して3年以内に廃業する。

なぜならば、そんな例は過去にありふれているのだ…最悪、自ら命を絶ってしまった例も7件知っている、私は。

逆に言おう。

「実績はゼロから地道に築き上げるもの」

では無く、

「実績は、詐称してでも最初から看板として持つもの」

…このように柔軟に考えることができるなら、あなたはビジネスで短期間のうちに大成できる可能性を大いに秘めている!!!

「実績」は、看板として起業時から持つべきもの…そう、手段を選ばずにね。

かなりグレー…場合によって完全に「ダーク」。

でも、先ほどの「勢いハウス」(これは仮名)が実在するように、

「実績」は、看板として起業時から持つべきもの

この考え方が、正しい。

もちろん、「実際には実績を持たない人が起業する」場合においてもだ。

私だって本当はこんなことを言いたくないし、そんなことを言っておいて自分自身では到底実践する根性が無い。

だけど、それで…

  • 事業を軌道に乗せることができ
  • つまらないことで命を絶たずにすみ
  • 結果的に経済に貢献できて世の中が円くまわる!

のであれば、私は「実績詐称型の起業」も「アリ」だと思う。

もちろん、大前提として【顧客の満足度は担保される】ことが大前提だ。

「嘘」自体に直接の罪が無くても、それが「実害」を伴えば立派な犯罪となる危うさをはらんでいるということを、どうか意識してほしい。

札束画像、口座画像、ASP管理画面スクリーンショット…全て、「誰でも作れる」

よく情報商材や「お小遣い稼ぎ塾?」のようなサイトでは証拠写真が使われる。

これこそが、「実績を看板にする」商法だ。

「実績」とその「証拠」は、最も説得力のある看板ですね。

もちろん、純粋に稼ぎだしたお金や口座画像などを誇示している例もあるでしょう。

だが、私が知る範囲ではかなりの数の「詐称」が猛威を奮っているのが実態です。

大抵、特商法表示で実態を見破ることができます…もっとも、それすら詐称の場合も多いですが。

証拠写真程度で実績として誇示できるなら、誰でも、幾らでも作れる。

一定期間金利が取られないローンもあるし、限度額が300万円(実質360万円弱までOK)のカードは私でも作ることができ、自演注文もできる。

私の個人的な感情は伏せて、善悪を問わずあえてドライに判断するのであれば…ビジネス上の「看板」として、これほど強力で価値の高いものは…まず無い。

「そんなこと」ができる根性さえあれば、何も難しいことはないのだ…誰でも再現可能。

先ほどの「勢いハウス」の例…あれもカラクリはフランチャイズというだけの話で、フランチャイザー自身が実績ゼロでも本部全体の実績を「我が実績」として扱えるという仕組みであり、誰でも再現可能。

ちょっと刺激が強すぎたかも知れないですが、何も「ここまでやれ!」と言いたい訳ではありません。

だけど、「誠実ハウス」では全く商売が続きません…実際、あなたはさっき「誠実ハウス」を選ばなかったんじゃないでしょうか?

あなたなりに「最大限思い切って」できる範囲で、いい。

また、お客さんから見て価値があると判断できれば【どんな角度・どんな切り口】でもいい。

起業する際は、ありったけの「実績」を「作って・盛って」看板にすべきです。

本当は「地道に築いていくもの」と言いたいのはヤマヤマなのですが…

「実績」はゼロから築くものでは無く、「最初から看板として【作る】」もの

起業時には、このくらいの根性が必要です。

コメント

  1. […] 「実績はゼロから地道に築くもの」では、無い!!! […]