カウントダウンタイマー「スピッツJr」

カウントダウンからワンタイムアクセス制御まで、「最短わずか数秒」で実現!
「1度きりしかアクセスできない」ギミックで、あなたはどんな仕掛けを作りますか!?

[click] 【!】この製品には「無料版」「上位版」もございます

このページでご案内しているのは基本機能を手頃な価格で装備した普及グレード製品です。「スピッツ」シリーズには、更に「ビジターごとに個別にカウントダウンできるモード」「ワンタイムセールを実現できるモード(※「スピッツV2」付属販売システムとの連携が必要です)」が可能な上位製品版「スピッツV2」もございます。

また、一部機能の制限が設けられており広告が自動挿入されますが、無料でお使いいただける無料版「スピッツZERO2」もございます。

ご都合に合わせ、これら2種のライセンス形態からお選びいただけます。

mf13z2_in


 カウントダウンタイマー「スピッツJr」

カウントダウンタイマーとは?

あなたはこれまでに、つぎのようなWEBページで…こんな感じカウントダウン表示を目にしたことはありませんか?

a01

■ネットショップでのタイムバーゲンセール会場ページ
(バーゲンセール終了まで、あと○○時間!など)

■期間限定の各種キャンペーンページ
(キャンペーン終了まで、あと○○時間!など)

■各種セミナー告知ページ
(申し込み受付まで、あと○○時間!など)

■新製品のティザーサイト
(新製品公式発表まで、あと○○時間!など)

■共同購入(ギャザリング)、クーポンサイト
(申し込み受付終了まで、あと○○時間!など)

100分の1秒単位でめまぐるしくカウントダウン!!

カウントダウンタイマー「スピッツJr」で実現できるのは、まさに「それ」です。

WEBページやブログなどのHTMLコンテンツ内に、予め設定された目標期限までのカウントダウンを表示するカウントダウンタイマーを設置することができます。

もちろん、1つのシステムで複数のカウンターユニットを作成・管理でき、次のような特徴があります。

・カウンターの作成~実際のコンテンツ貼付けは、最短で僅か数秒!

・カウントダウン後は「終了メッセージ表示」「任意URLジャンプ」
いずれかの挙動を選択可能!

・累計UPVアクセスを記録する簡易カウンターが付属しており、
いつでも管理モードから各累計アクセスを確認可能!

もちろん、従来の『テムジン』製品同様、伝統となっている下記特徴も併せ持ちます。

・低廉なレンタルサーバでも十分に稼動でき
・誰でも容易に設置でき
・誰でも容易に扱うことができる

「スピッツJr」は、PHP+JavaScriptで動作するカウントダウンタイマー作成・管理システムです。

しかし、プログラムなどの専門知識は一切不要で、カウントダウンタイマーを設置したいWEBページやブログの好きな箇所に

 スピッツJrで生成された、
「たった3行」のHTMLソース

を貼り付けるだけで簡単に使えます!

カウントダウンタイマー「スピッツJr」でできること

次の表は、

(A)システムを利用せず、JavaScriptでカウントダウン
(B)「スピッツJr」を利用したカウントダウン

この2つの比較を表しています。

「スピッツJr」を利用したカウントダウンタイマー運用は、いかに手離れが良く効率的であるかがお判りいただけます。

これだけの自動化・効率化を、無料で実現することができます!

【1】カウントダウンスクリプトの準備(作成)
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
1)JavaScriptを作成する
2)目標期限をコード内で設定
(XJavaScriptの知識が必要)
・管理モードより最短数秒で作成
(○最低限「目標期限」の設定のみでOK)

a02

【2】カウントダウンスクリプトの設置
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
1)まずヘッダー内にJSを記述
2)次にカウンター表示部分を設定・記述
(XJavaScriptの知識が必要)
・わずか3行のソースをコピー&ペースト
(○表示したい箇所に貼付るだけでOK)

a03

【3】カウンター設置ページの累計アクセスを知りたい!
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・基本的にアクセスログを同時に記録しない
(X別途アクセス解析などが必要)
・管理モードからいつでも確認可能
(○特別な設定不要・標準でカウント)

a04

【4】やっぱり期限を延長or短縮したくなっちゃった…
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
1)JSコード内の期限要素を書き換え
2)書き換え後のファイルを再アップロード
(X完全手作業)
・管理モードから期限を変更するだけでOK
(○カウンター表示に自動適用)

a05

【5】複数のカウントダウン管理
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・あなたの記憶力と管理能力の範囲で!
(X完全手作業)
・管理モードから一目瞭然!
(○一覧や検索で俯瞰的に管理)

a06

【6】カウントダウンタイマーの期限終了後の挙動
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・カウンターに代わって終了メッセージ表示
(Xページの強制ジャンプは行わない)
・下記いずれかの挙動を選択可能
A)終了メッセージ表示
B)予め設定した任意URLに強制ジャンプ
(○いずれかを選択可&途中で設定変更可)

a01

【7】1度しかアクセスできない「ワンタイムページ」の実現
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・実現できません
(Xタイマーの他に別途スクリプト必要)
・カウントダウン同様、最短数秒で実現!
(○対象HTMLにコピー&ペースト)

ワンタイムユニット…一度しかアクセスできないページを実現するカウンターユニット

【8】カウントダウンタイマーのデザイン変更
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・実現できません
(Xスクリプトの仕様による)
・複数のデザインから選択可能
(○さらに後述のサイズ変更にも対応)

複数のデザインから選択可能

【9】より大きなサイズのカウンターも実現
(A)一般的なJavaScript (B)スピッツJr
・大きさは変更不可
(Xスクリプト仕様による)
・デザイン変更により2段階に対応
(○カウンター表示に自動適用)

デザイン変更も可能(2段階) ほぼ原寸表示です

「時限爆弾」消滅する期間限定ページとは?

「予め設定した期限までのカウントダウンをリアルタイム表示」できるまでは一般的なJavaScriptカウントダウンタイマーと全く同じですが、スピッツJrでは

期限終了と同時に、そのページを見れなくする

つまり、

予め設定した任意のURLに強制ジャンプ

させることも可能です。
(※強制ジャンプ無しで「終了メッセージ表示だけ」も可能)

単純にカウンターのあった場所に「期間終了しました」と表示されるだけでは実現できなかった、次のようなイベントも実施可能になります!

■期限内のみ閲覧できるヒミツ情報のページ
■期限超過後は新たなキャンペーンページに自動ジャンプ
■期限を過ぎてもダブルチャンス

…などなど。

まさに、アイディア次第でこれまでに例を見ない幅広いキャンペーンギミックが手軽に実現できます!

デモをご用意しました

新兵器「ワンタイムユニット」とは?

スピッツJrでは、「目標期限までのカウントダウンをリアルタイム表示」するカウントダウンユニットの他に、新たに

ワンタイムユニット

が運用できるようになりました。

これは

 そのものズバリ、

1ユーザにつき1度だけアクセス可能

…なWEBページを実現するためのものです。

このユニットに関しても「カウントダウンユニット」同様に生成された3行のソースコードを対象HTMLの任意箇所にコピー&ペーストするだけで機能するのですが、カウントダウンタイマーなどは一切表示されません。

外見上は全く「無味無臭」…ただひたすら、水面下で2度目のアクセスを試みるビジターが現れるのを静かに待ちます。

2度目以降にアクセスした際に表示するURLを設定できる

1度アクセスしたビジターは、

 ブラウザの「閉じる」ボタンを押したが最後!

二度とそのページにアクセスできない!

ワンタイムユニットのデモ

さらに…例えば、こんな応用も!!

ルナテムジン製品伝統の「パズルの1ピース」コンセプト。

個々のシステムはあなたのアイディアを実現するための「ピース(部品)」であり、あなたのアイディア次第で可能性は広がります!!

もちろん、この「スピッツJr」にもシッカリと受け継がれています!!

例えば…そう、こんな応用はいかがですか?

応用例:診断テストとの連携

カウントダウンタイマー「スピッツJr」の仕様・動作条件

ご利用規約

ダウンロードの前に、 こちら の利用規約をご確認ください。
※このパッケージは上記規定の「有償スクリプト」に相当します

設置サーバ要件

本スクリプトは、フィーチャーフォンブラウザ上での動作を保証いたしません。
(ただし、ユーザ側各画面に関してスマートフォンに対する表示最適化を図っています。iPhone4sおよびandroid4搭載の4インチ画面端末より動作確認)

PHPバージョン5.1以上~(5.6確認済み)がインストールされているWEBサーバであれば、ほぼ設置・動作可能ですが、サーバ構成などの条件によっては正常に動作しない場合がある恐れがあります。

なお、本スクリプトでは.htaccessによるアクセス制限を利用しておりますが、このセキュリティを活かすためには、お使いのサーバにApacheがインストールされており、かつhttp.confの設定にて.htaccessの使用が許可されている環境が必要となります。
(PHPが動作するサーバであれば大抵は満たされている条件です)

なお、開発テスト環境では下記のレンタルサーバにて動作確認を行いました。

【レンタルサーバ】:さくらのレンタルサーバ ライト
————————————————-
http://www.sakura.ne.jp/lite.html
————————————————-

「スピッツ」シリーズには無料版の「スピッツZERO2」がございます。

事前に無料版で動作や機能をお試しいただくことを強くおすすめいたします。

mf13z2_in

設置方法

サーバへの設置は、初心者の皆さまでも簡単に設置していただけるよう、以下の【3ステップ】で設置可能です。

MySQLなどのデータベースも必要ありませんので、一般的なレンタルサーバであれば事前に特別な準備も不要!すぐに設置に取り掛かれます!

【ステップ1】

構成ファイルをフォルダごとサーバにアップロード

【ステップ2】

2つのディレクトリのパーミッション変更

【ステップ3】

インストールプログラムを実行

また、既に設置されている「スピッツZERO2」の運用データを全て引き継いだ形でアップグレードすることも可能です。
(サーバ上の/spz/ディレクトリに対して、構成ファイルを「丸ごと」上書きアップロードするだけでOKです)

mf13z2_in

カウントダウンタイマー「スピッツV2」の価格とご注文

・WEBサーバに設置して利用するWEBシステムです
・ご利用には別途PHPの動作するレンタルサーバのご用意が必要です
・PHP+JavaScriptで動作します
※詳しくは「動作環境」の項をご覧ください

[click] 【!】この製品には「無料版」「上位版」もございます

このページでご案内しているのは基本機能を手頃な価格で装備した普及グレード製品です。「スピッツ」シリーズには、更に「ビジターごとに個別にカウントダウンできるモード」「ワンタイムセールを実現できるモード(※「スピッツV2」付属販売システムとの連携が必要です)」が可能な上位製品版「スピッツV2」もございます。

また、一部機能の制限が設けられており広告が自動挿入されますが、無料でお使いいただける無料版「スピッツZERO2」もございます。

ご都合に合わせ、これら2種のライセンス形態からお選びいただけます。