[新潟市北区パワースポットツアー前篇] 高森の大けやき(高森稲荷)

私が生まれ育った新潟県新潟市北区には、数々のパワースポットが存在します。

つい先日ご紹介した、私の実家のスグ近所の内島見観音堂もその一つですが…

もっともっと、沢山のパワースポットが存在するトンデモないエリア…それが、新潟市北区なのだ!

…ということで、個人的に仕事で新たな挑戦が連続している私は、モア・パワーを求めて(なんと他力本願な!?)パワースポットめぐりを敢行…もとい、観光してきました!

今回は「前篇」として、樹齢1200年とされる「高森のおおけやき」をご紹介します。

ええっと…途中、微妙に関係無い写真が混ざっていますがご愛嬌;

DSC_0217

「すわ、心霊写真!?」…おっと、驚かせてしまってスミマセン…どうやら前夜に撮影した、国営越後丘陵公園サマーナイトプレゼンツの写真がまざってしまった。これは越後丘陵公園内のファーストフードショップ「フレンド」のマスコット(?)ですね。心霊写真じゃないですからご安心をっ!!

DSC_0212

う~ん…いつもカメラを持ち歩くのが面倒なんでスマホで撮っていましたが…「家族でレジャー&撮影」の機会が激増してきて、スマホ撮影の限界を感じるようになってきちゃいました。手ぶれにメッチャ強くて光学15倍ズーム以上の手ごろなデジカメ、欲しいなぁ…;

しょっぱなから余計なモノが混ざって失礼しました;

スマホ撮影では上手くお伝えできなくて残念ですが、長岡市の国営越後丘陵公園の夜間イルミネーションは想像以上に大規模でキレイでした!

ええと…ドコに行ったお話でしたっけ?

あ!そうそう、高森のおおけやきでした!

DSC_0218

「高森のおおけやき」こと新潟市北区、高森稲荷・高森薬師堂に到着!…先週の乙宝寺もそうだったけど、暑いとツイツイ水場を写してしまいます。当日も、やっぱり暑かった!

DSC_0219

立派な狛犬がお出迎え。この石段を登ると樹齢1200年の大けやきが。しかし、どうでもいいコトかも知れないですが…8月の暑い盛りなのに、あじさいが涼しげな花を咲かせています!あじさいって、梅雨時期だけの期間限定の花だと思っていましたので、とっても意外!!

DSC_0221

「グワォウ~!ワリゴはイネガ~ッ!!」迫力の狛犬サン!!…でも、チョット待って?なんか子供の狛犬を前足で押さえつけちゃってるように見えるんですが!?…何か意味があって子供の頃に聞いた気がしますが、スッカリ忘れてしまった;

DSC_0223

こちらが樹齢1200年!高森のおおけやきでございます!う~ん…折角家族で訪れたんで、誰かに「大きさ比較用」で一緒に写ってもらえばヨカッタ;とっても、大きいですよ。

DSC_0222

お約束の解説撮り。やっぱりスマホでのお気楽撮影も限界かなぁ…読みにくくてスミマセンm(__)m クリックすると拡大できます。

DSC_0227

大けやきと仲良く並んでいる高森稲荷神社。

DSC_0225

けやきと共に長い歴史を歩んできた歴史ある神社だったのですね。ナクヨウグイス平安京(794年)よりも歴史があるんだ!スゴイ!

ええと…「虫がブンブン飛んでいる」ということで虫が大嫌いな娘は大騒ぎでしたが…私はシッカリ、大けやきのパワーを感じましたぞ!!

イイコトありますように、家族と愛犬が元気で楽しく暮らせますように…あと、私の毛根…ry

大けやきと稲荷神社の場所から、更に上に登る石段、ハッケーン!!

これが、薬師堂に通じる階段です。

DSC_0228

更に登ると…

DSC_0230

頂上には薬師堂が!

DSC_0231

こちらもまた随分と歴史が深いお堂でした。1973年は私が生まれた年…この年に火事があり、一度消失してしまったそうです。

DSC_0234

おおっ!オモシロそうな展望台、発見!!随分登りましたから、きっと眺めもサイコーでしょう!行ってみます。

DSC_0238

展望台から望む風景。先ほどの解説によると、ここには平安の昔…大小36の寺坊と3,000名の層が暮らし、賑わっていたそうな。今、眼前に広がるのは彼方に新潟市街地(わかりづらいけど画面右にデンカビッグスワンスタジアム)、穏やかに横切る阿賀野川、そして一面の緑の水田。このチョットした、どこにでもある風景の中にも栄枯盛衰に似た歴史の流れを感じて感慨ひとしお。

DSC_0239

かつては多くの信者や層たちで賑わっていたであろう境内も、今は静寂と…時折吹き抜ける風に揺れる木の葉のざわめきだけの穏やかな空間に。…んっ!?待てよ…さっきから、なにやらハァハァと怪しげな息遣いが……!?

DSC_0240

「はぁはぁ…階段タイヘンだし、暑いし…もう限界ですワン!!」ぎょわーーっ!ごめんよルナさん!そろそろクルマに戻って冷たいお水でも飲みますか!

…ということで、相変わらずキレイな蝶々が飛んでいてもパニック気味の娘もいるし、そろそろ退散です;

…っと!チョットマッテ!!

DSC_0241

さきほどの大けやきの木陰に、ゆらゆら系ライド、ハッケーン!!以前に鳥屋野潟公園ではライドしそびれてしまいましたが…私、年甲斐も無くコレ大好きなんですよね!!

DSC_0242

ナーーーイスッ!今回は、あの忌まわしき「年齢制限」も無い模様……が、しかし家族の失笑を恐れ、結局今回もライドならず;

空想・妄想甚だしいかも知れないですが、説明文を頼りに、その地のかつての姿を心の中で夢想すると…自分が今、壮大な歴史の流れの中の一瞬に立っていることを感じて、何かこみあげてくるものがあります。感慨と同時に、何かが内側から湧き出してくるのがハッキリわかるんです。

これこそが、いわゆるパワースポットの「パワー」の所以なのかも知れませんね。

かつて大小36の僧坊と3,000名の層、そして大勢の信者で賑わったであろう高森地区も、今は静かな集落…でも、こんな素敵な場所がスグ近所にあるということは、ここに暮らす人のみならずここで育ち外に出て行った人々にも心の宝(思い出、故郷の記憶)となり強く残りましょう。

願わくば、この素敵な場所が絶えることなく後世に引き継がれますように…。

私も実家の近所にある内島見観音堂は心の宝であり、ささやかな誇りです。

さてさて、まだまだツアーは続きます!

次は番外編…一部マニアの皆さんにはまさに【聖地】!!

アノ場所にご案内っ!!

【お次は昭和臭漂う自販機レストランで腹ごしらえ!?】