[新潟市北区パワースポットツアー【番外篇】] 昭和臭漂う自販機レストラン(ポピーとよさか)

数多(あまた)の霊場やパワースポットが点在する、Teddy_Jr(※私、「橋本 哲人」)生誕の地【新潟市北区】(旧:豊栄市)

そんな新潟市北区のパワースポットをご紹介する当ツアー、前篇は樹齢1,200年…かつては大小36の僧坊と3,000名の僧で栄えた「高森の大けやき」をご紹介しました。

今回は【番外編】として、全国のレトロ自販機マニアの皆さんからの熱い視線を集め続ける「昭和・自販機マニアの聖地」【ポピーとよさか】をご案内します!

10年生きた猫は化け猫に、使い古した唐傘は妖怪に変化するという……かつてはどこにでもある、何の変哲もなかったコインスナックだった「ポピーとよさか」ですが、現在は一部マニアの聖地に昇華しています。

これも形こそ違えど、立派なパワースポット!!
(我ながら、何でもアリになってきたなぁ…)

DSC_0248

なにげに24時間営業をさりげなくアピール!「食事と喫茶」…

DSC_0247

出た!「ポピーとよさか」(バァアーーン!!)

じつはこの「ポピーとよさか」、先日ご紹介した「内島見観音堂」…そして私の生家のスグご近所!

…当然、小中学生の頃は校則で「出入り禁止」とされた【禁断の地】でした。

この「ポピーとよさか」、私が物心ついた頃には既にこの場所にありました…なので、かれこれ40年近くは営業しているんじゃないかと思います。

DSC_0249

窓が殆ど無い店内は昼でも薄暗く、重くまとわりつく煙草の臭い、ゲームや自販機の電飾、鳴りやまないアーケードゲームの電子音…私と同世代以前の諸兄なら、チョット瞳を閉じれば誰しも記憶の奥底に眠っているであろう、あの「昭和の場末のゲームセンター」…。

かつては全国津々浦々の国道に沿って、このような「コインスナック&ゲームセンター」形態の店舗が数多く存在し、長距離トラックの運転手さんや旅行中のドライバーたちに食事と休息のひとときを提供していました。

そう、【かつて】は…

DSC_0246

(クリックすると拡大します)「うどん」「そば」自販機も未だ健在ナリ!!

昭和48年生まれの私が小中学生の頃、コインスナックは「おっかない場所」「行ってはいけない禁忌の場所」だった。

私が高校生の頃、コインスナックは「刺激的なヒミツの遊び場」だった。

私が学生の頃、コインスナックは長距離ドライブ中の仲間達と、またライダー仲間達と…脱衣麻雀ゲームなどでワイワイ盛り上がる「気安い遊び場」であり「憩いの場」であった。

社会人となった20代の私にとって、コインスナックは「深夜の、うるさくて静かな休憩所」だった…仕事に、人間関係に疲れた時、ピコピコガーガー主張しあって煩い電子音の喧噪と安っぽい缶コーヒー、煙草と小便が混ざったようなにおいに妙に慰められたっけ…。

この頃までは、まだまだ沢山のコインスナックが営業していました。

そして…いつからだろうか?気づいたら私は、コインスナックに【全く出入りしなくなって久しい】ことに気づいた…そして、気が付くとコインスナックの殆どが姿を消していた。…うゎ、自分で書いておきながら…なんか、さみしくなってきた…。

結婚してから?子供が生まれてから?もう若く無くなってから?

…いつから、どのタイミングからだろうか?…わからない。いや、ひょっとして「それら」全部がいちいち理由かも。とにかく私はコインスナックに出入りすることは無くなり、多分、同時期に多くの人々がコインスナックに行かなくなった。

みんな、私と似たような理由があったのかも知れないし、効率優先のため長距離ドライバーがのんびり休憩できなくなったのかも知れないし、みんな不衛生なのが受け付けなくなったのかも知れない…その結果、コインスナックから客足が遠のき、そして恐竜のように次々と絶滅していった。

DSC_0245

人気のトースト自販機。「チーズ」と「ハム」…あなたはどちらがお好きですか?どちらも200円也。私は妻と娘に「チーズ」を1枚づつ購入!でも、妻の分はルナさんもおいしそうにご相伴した;

そんな絶滅時代を生き延び、現在なお「昭和臭漂う」ポピーとよさかのようなコインスナックたち。

殆ど絶滅して数が減ってしまったからこそ、その存在価値は高まり、希少性を生み、今日もまた遠方から人々が足を運ぶ。

DSC_0243

おわかりいただけただろうか?「トースト中」のランプが力強く点灯し、このマシーン(トースト自販機)がまだまだ現役として活躍中であることをモーレツにアピールしています!!

トースト自販機の「トースト中」ランプの赤い光をボーーッと眺めながら、私は思った。

「人間だって、同じじゃないか?」

テクノロジーの発達や社会・産業構造の変化、そしてグローバリゼーション…「変化」は常に「ロートル」という犠牲者を生み続ける…だが、【ロートルは、社会の犠牲者なのか?】

ポピーとよさかは、時間が止まってしまっており…明らかにロートルだ。

だが、明らかに人気者だ!

なぜ人気者?…なぜならば、ここを目指す多くの旅人は、その「止まった時間」「無くした過去」「二度と戻れない思い出」に遭いたくてやってくるのだから。

人間だって、同じこと。

途中どれだけ、やれロートルだ、やれ時代遅れだと馬鹿にされても……信じて、磨いてきた技術があるなら【意地を通せ!!】

いずれその技術が断絶寸前となった時、最後の職人(Last Samurai)は必ず再び舞台で光を浴びることができる!

ジィィィーーーーー………

バコドンッ!!!

おやおや、そんな妄想にふけっていたら…どうやらトーストが出来上がったみたいです!

DSC_0244

チョットわかりにくいけど、手書きで「チーズ」と書いてあります!

うわっ!アチチチ……このトースト自販機、まだまだ過激に現役!!

出てきたトースト、熱すぎてとても素手では持てません!!

チョット困っていたら、バックヤードからやさしそうなおばちゃんが「よかったら使ってください」とビニール袋を持ってきてくれました!ありがとうございますm(__)m 助かった!

さて、これで(家族の)腹ごしらえも済みそうなので、最後の目的地に出発!!

【最後の目的地「太郎代観音」の記事はコチラです】